負担をかけない治療法 | 皮膚炎はシャンプー治療で!マラセブやマラセブジェネリックを使おう

負担をかけない治療法

「負担をかけない治療法」の画像です。

マラセブシャンプーやマラセブジェネリックなどの薬用シャンプーを使った治療法は、投薬治療のように薬を飲ませる必要がありません。
投薬治療による皮膚炎の治療の場合、抗真菌薬を飲ませることになるのでどうしても身体に負担をかけてしまいますよね。
抗真菌薬は獣医師の指示を受けながら使う分には安全に使うことができますが、内服薬なので使い方を間違えると副作用が出やすくなってしまう可能性があります。
老犬や老猫に対して内服薬を使う場合、不安が残ってしまうので、できればペットの身体に負担をかけずに皮膚炎を治療していきたいところですよね。

薬用シャンプーによるシャンプー治療なら、皮膚炎に対して効果がある薬用シャンプーで洗って治療をするので、投薬治療のようにペットの身体に負担をかけずに治療ができます。
薬用シャンプー自体も、いつも使っているシャンプーを使うときと同じように使用することができますし、症状が起きている皮膚を清潔に保つことができます。
特にマラセチア皮膚炎の場合、皮脂が過剰に分泌されることが原因の一つになっているので、マラセブシャンプーやマラセブジェネリックを使えば、原因となる過剰な皮脂を洗い流しつつ真菌を減らすことができます。
つまり、マラセチア皮膚炎の原因をしっかりとなくし、症状を抑えて改善することができるというわけなんですね。

内服薬を飲ませずに治療をすることができるので、内服薬による副作用の心配もないのがシャンプー治療のメリットです。
ですが、洗ったあとに乾かし残しがあったりすると症状が上手く改善することができないので、薬用シャンプーを使ったあとは乾かし残しに注意しましょう。